俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

30代前半の私がアラフォー女子に恋をする理由

このブログは、30代前半の既婚男性の私が、会社の同僚で30代後半(アラフォー)のミクさんという女性に恋をしている話をツラツラと書いている訳です。
別に不倫をしている訳ではないですが、その一歩手前の状態です。

※週末を除きほぼ毎日一緒に帰ったり、連絡を取り合っていて、2週間に一度くらい一緒に外食をするので、体の関係はないものの、まあ周りが知ったら実際はどうあれ「黒」と判定する事は否めない。

 

 

一般的に、不倫や浮気というのは、妻よりも若い女性に走る傾向が強いようで、私自身、自分の事についていろいろと日々悩む中で、ネットで同じような悩みを抱えたり経験をした人の情報を探してもほとんどないのです。驚くほどに。

 

 

大体、男性が上司、女性が部下で、何かの拍子に恋仲に発展してしまったケースのようで、女性は男性の「包容力」とか「頼もしさ」「ふとした瞬間の弱さ」みたいなものに惹かれて、男性は女性の「妻にはない優しさ」「かわいらしさ」に惹かれていくようです。

 

でも、私の場合は、妻が1歳年上。ミクさんは5歳年上。なので、妻よりも浮気相手(にはまだなってないけど)の方が、年上な訳です。

 

年下既婚男性  x アラフォー独女

 

この組み合わせが珍しいのか、たまにこのブログ経由で質問をくれる方がいます。既婚かどうかはまた別として、女性は「年下男性に相手にされるだろうか」男性は「年上女性に相手にされるだろうか」という不安があるようで。

 

別に世の中、探せばそんな組み合わせはたくさんいると思うんですけど、ここ最近そんなメッセージをいただく反面、このブログは私がすでにミクさんを好きになった後から始まっていて、「なぜ好きになったか」が無かったので、その辺をたまには書いてみようかなと。

 

私自身は、もともと年上女性と交際する事が多く、年下の女性で長く付き合ったのは1人しかいませんでした。なので性格というか、趣向の点で私が「年上が好き」という事がまずあるかもしれません。

 

学生の頃はバーでアルバイトしてた事もあって、学校の友達と遊ぶよりそこで知り合ったお客さんに遊んでもらう事が多かった事もあるかも知れないです。

 

職場にはもちろん、私より若い女性もいますがあまり数は多くないです。いても結婚してるとか。ただ、「若い子が空いてないから仕方なく」という感覚は一切私にはなかったです。

 

僕がアラフォー女性に感じる魅力はいくつかあるのですが、、、

 

仕事ができる

私の会社に限った話ですが、やはり私より社歴も長いし、仕事はきちんとやる人が多いです。仕事がバリバリにできる必要はないけど、そもそも「仕事をしない」という人は私は大嫌いで、いつも面倒くさがっている人は相手にしたくない(異性として以前に人間として)ので、そういう意味では、しっかり仕事をしている姿は美しい。

 

 

女性らしい

 

年齢と経験によって身についているものもあるかもしれません。あとは世代というのもあるかもしれません。

 

いずれにしても、今ちょうどアラフォーに入ってる世代というのは、まだまだ「女性が男性を立てる」とか「女性は結婚したら家庭にはいるというマインドの親に育てられているので、良い意味での女性らしさと、器量があります。

 

私はセクハラについては肯定も否定もしませんけど(結局、女性の気持ち次第で判定がかわるだけだし)、なんというか私の先輩の女性たちは懐が深いというか、「きれいな女性社員に隣にいて欲しい」とするお偉方の気持ちを理解したり、お酒をついであげる事をしたり、という部分では自然にできる方が多い。実際は「めんどい」と思ってるんだけど、それを顔に出さないし、あくまで「仕事の一環」として接してる。
多少、肩に手を回されても「ダメですよ。奥さんにいいますよw」といってすり抜けられる。

 

こういうのは、一言でいうとオッサン側が悪い(笑)
だけど、そこで覚めた事を言って場をしらけさせたりしない彼女たちの器量というのは年下男性の私から見て、素敵だと思えるものだったりするんです。何故か。

 

 

後は親の考え方(特に結婚に関して)と、女性のキャリアの積み方にズレが生じてる世代でもあるので、そういった意味では苦しんでいる世代ともいえるのかも。ミクさんもしかり。結婚したくない訳ではない。でも仕事しないといけない。とかいってるうちにいい年になって。周りを見ると、残ってるのはオッサン。自分より仕事できない。とか。

 

後は、若い女性と違って、「〇〇系男子」とかいう言葉に振り回されないし、なんだかんだ「男らしい人が好き」とか「引っ張ってほしい」という人が多い。女性が強く、男性が弱くなり始めたそれ以降の世代よりは良い意味で分かりやすいです。

 

なんというか根の部分は若い子よりよっぽど女子というか、可愛らしい気がします。

 

 

ギャップが可愛い

 

まあ、アラフォーともなるとそれなりの職位だったりするわけで仕事中はカチっとキチっとしてる人が多い。

 

だから、プライベートで気が張ってない状態とのギャップが凄くて、なんかそれがまた可愛い。

 

 

結婚がイメージしやすい

 

 

まあ、私の場合は今の妻と離婚協議中なので、まずそこからですが、同僚のアラフォーの女性は結婚がイメージしやすいです。

 

これは女性が年齢的に焦っているからとか、そういう事じゃなく。
私の持論ですが、結婚というのは男性から見て女性側が「頼れる」と思える事が大事です。

 

別に普段は男がリードしてればいいけど、結婚生活というのは色々な困難があります。病気とか、子育てとか。そういう局面で、何もできない女性というのは結構います。いざという時に背中を預けられない女性というのは結婚生活において荷物です。


私の離婚の一つにそれがありました。私の妻はことお金の管理が弱くて、出産の時も「無痛分娩じゃなきゃいやだ」「いつまでに子供が欲しい」「子供にはこれを買ってあげないとかわいそうだ」「将来、好きな習い事をさせてあげたい」「車で登園じゃなきゃ無理」とか、収支をまったく考えないで感情と欲望だけで生きていたんですね。しかもキャリア的にも弱い。派遣に毛が生えたようなもの。
こういう人に家庭は預けられないし、一緒に生活するのは苦痛なので別れてもらう事にしました。

 

 

一方、アラフォーというか会社の人であれば、キャリア的には自分とさして変わりないわけですし、学歴だとか、ものの考えという部分では似通った人が多いので、結婚には向いてると思います。学歴は本人同士というよりも、子供が生まれた場合にきいてきます。子供受けさせたい教育レベルというのは、自分が親に受けさせてもらったものに影響されるので、そこで意見の食い違いがでにくいのがメリットです(もめる人は凄くもめるトピックなので)。

後は仕事などを通して、人となりが分かるし、能力もなんとなくわかります。男女としてはこちらがリードしなくてはいけない事がほとんどですが、一方では「同僚」というある種対等(相手が先輩や上司であれば、むしろ女性が上)という関係でもある女性とであれば、男性はどこか「いざとなった時には心強い妻でいてくれるだろう」と思えるのです。

 

綺麗

 

身もふたもないですが。。。

 

まあ、美容にかけるお金と時間はある人が多いので綺麗な人多いですよね。
やっぱり男は美人に弱いので。

 

そこにキャリアで培われた内な自信みたいなものが絡んでくると眩しい。

 

 

 

まあ、色々と書きましたがそんなこんなで私は年上の女性が好きな訳です。