俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

7/6 タイムラグに乗る

昨夜は結局、残業をしてミクさんと小一時間話をして帰った。
大体仕事の話だった。部署の組織改編で徐々に体制が変わりつつある中で、もしかすると僕とミクさんは違う部署になるかも知れない。
なので、あまり悠長にしてられない状況だ。

 

多分、ありえるのはミクさんが隣の部署に異動するパターン。
同じフロアにいるんだろうけど、今みたく夜、一緒に雑談したりする事は難しくなる。

 

まして、来年になればお互いどこに行くか分からない。年次的には私はいつ出向の順番が回ってきてもおかしくないし。

 

だからこそ、昨日、彼女が視界に入る中でこのブログを書きながら、「一日一日を大切にしよう」と思ったわけ。

 

それで早速、昨日の帰り際、久しぶりに、、、ホント久しぶりに彼女の事をほめた。言おう、言おうと思いながら全然できていなかった事。一度やったら二回目はもっと簡単だと思ってたのに、なんかタイミングをつかめなかったり、彼女の事を知れば知るほど逆にこっぱずかしくなったりで、ほんと久しぶり。

 

なんかぎこちなかったけど、言えてよかった。
ほめる事の効果というのは、喜んでもらうというのはもちろんだけど、例えば服を褒めた場合、次にその服を着ようとした時に僕の事を一瞬でも思い出してくれる可能性が高くなるから。

 

もともと、3月くらいに距離を大きく縮められたのも、今思うとほめてからの気がする。彼女は感情があまり表に出ないので、一体どれくらい嬉しいのか(もしくはそもそも嬉しいのか)がよく分からないけど、まあ、そこは天に任せるとして。

 

褒めるというのは一撃必殺ではなくて、ジャブ的なもので日々の積み重ねなので、そこであからさまに喜んでくれなくても結果おーらい。

 

ちなみに帰路についた後はLINEは自粛した。

 

送りたかったけれど、送ると翌日がおくりにくいので止めた。
私の中では、金曜の夜の連絡というのはほぼマストで、それを最優先したかったから。金曜の夜を逃すと、金土日と3連チャンで空白ができるので。前にそういう週があって、とてつもなく寂しかったため、以降、金曜はなるべく死守してる。

 

後、なんとなく金曜の夜って、翌日はもう休みだし、OFFモードになってプライベートな話もしやすかったりする。あと、なんか名残惜しさというか寂しさもあいまって、ちょっと素直な気持ちを言えたりもする。

 

さて。

 

そんな日々のコミュニケーションとは別に。

 

次週来たる、第三次ビッグイベント。デート。

 

今週の頭に割とスムーズに誘えたまでは良かった。ちょうど前回から1週間あいたくらいで誘えたし、開催日も前回から2週間空いたくらいなのでいい感じだ。

 

そこまではいいけれど、さて何を目標にするべきか、、、という問題。

 

 

改めて最近の記事を見返すと、花火に誘う事になっているけど、それでいいんだっけ?今一度考えてみたい。

 

3回目のデートともなれば(といっても毎回食事をするだけだけど)、それなりに進展が見えないと中だるみしてしまうし、8月に連休が控えるこの局面では避けたい。

 

そう考えると、設定できそうな目標としては、何個か候補があるかな。

 

・告る(とまではいかないが好意を伝える)
・花火に誘う
・手をつなぐ

 

で、どこを目標にしたらいいんだろう、と最近頭がゴチャゴチャしてたんだけど、よくよく考えると、これって2回くらいに分けて全部をこなすべき話じゃない?って思いはじめて。

 

つまり、次回の食事にて、好意を伝え、花火に誘い、OKであればそこで手をつなぐ。

 

整った。

 

で、好意を伝えるってどうやるんだっけ。