俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

7/4 - 7/6 It's not what you say but what you do.

7月4日は一緒に残業をして、帰った。その後、どういう経緯だったか忘れたけど(かなりどうでもいい理由だった)、僕からLINEをした。

 

7月5日は私用で僕が休みだったので、一日会えず。さらに夜も特に連絡はしなかった。次週の約束のプランを練っていたけど、結局完成せず。

 

 

7月6日は今まさに残業中。

 

 

なかなか、このタイミングでブログを更新する事もないし、せっかくなので、本人を横目に自分の最近の反省点とその対策を考えてみようと思う。

 

 

まず、ほめれない。
しばらく前に、ほめたきり、うまく褒めれない。前にできたのだから(それでも相当勇気を必要としたが)、2回目以降はもっともっと簡単になると思っていただけど、なんか逆にハードルが上がってない?これ。

 

思うに、前は知らないが故にできた、というか。「周りでそんな事言うやついないだろう」という打算だけでやったけど、今は段々と仲良くなって、ミクさんという人が自分の中でリアルになるにしたがって、逆にこっ恥ずかしいみたいな事になってるんですな、コレは。

 

後は、なんかタイミングがつかめないという事。前は、会話が今ほど続かないというか、途切れ途切れだったので、話題を変えるにもいいタイミングというのが何回かあったんだけど、最近、なんか会話がAからB、BからCと途切れなく続く傾向があって、急に褒めるという事がやりにくくなっている、という事がある。

 

多分、ちょっとでも沈黙が生じた時にさらっと言えばいいんだろうけど、僕も「言うぞ?言うぞ?」みたいな感じで構えているもんだから、力が入って余計に出ないと。。。

 

これが良くない。

 

別にほめたところで、お互い減るもんでもないし。もっと気軽に言えればいいんだけど。ただ、僕は他の人をほめたりしないから、人前で彼女をほめるっていうのはハードルが高いというか、目立ってしまうし、逆に彼女を困らせる事になるんじゃないかと心配をしてる。

 

 

なので、こういう時はまた初心に帰ろう。

 

彼女は可愛いけど、とて可愛いけど、周りは「可愛いですね」とはなかなか言いにくい空気なので、最近は言われてないはず。だからこそ、ちょっとしたほめ言葉もきっと刺さる。

 

LINEで口説くな。会って口説け。スキンシップを重ねろ。

 

うん。そうだった。危うく、だらだらと時間だけを浪費するところだった。
なんか中だるみじゃないけど、次の約束もなんか、なんとなーく終わってしまいそうで怖い。きちんと目的と目標を持って臨みたい。

 

前回のデートで全然進捗が無かったので、そのリカバリーも含めて、、、、

 

①次回のデートに話をつなげる(できるだけプライベート寄り。休日狙い)

②手をつなぐ

③それとなく好意を(言葉でも)伝える

 

そうなると、そこまで持っていくのには会社でのコミュニケーションをもっと温めていかないといけない。特に②~③はハードルが高いので、LINEだけでなくてFace to faceで温度感を上げていかないと、テンションと行動にGAPができて、「は?は?え?」とかなりかねないので。まずは地ならしをしながら。

 

 

うーん。

 

本人がいる中でこのブログをたまに書くというのも、学ぶ事が多いな。家で書いてると、なんでもできる気持ちになってくるんだよね(笑)で、本人を目の前にしてビビるというか。。。

 

 

いつまでも一緒の部署とも限らないし、一日一日をきちんと大切にして、接して、コミュニケーションを積み重ねていきたいと思う。って言うほど簡単じゃないんだよな。。。全く。