俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

3か月の振り返り

3月の後半からこのブログを書いています。
ちょうど3か月たったんで、ちょっと振り返りをしつつ整理をば。

 

自分で言うのもなんだけど、すごい進歩だ。

 

まず、3月の下下旬。このブログを書き始めた頃、僕はミクさんの連絡先も知らず、無駄話をするような間柄でもなかった。ただ、いろいろと作戦を練っていたけど、そもそも私は自分から積極的にアプローチするという経験値が低くて不安だらけだった。

 

勇気を出して、彼女の服をほめた。
そこから徐々に夜おしゃべりをするようになった。どこか余所余所しいところもありながら、4月は彼女と楽しい時間を過ごした。

 

4月末の連休直前。

 

僕はほかの女性に「ヤリ捨て」される(男なのに 笑)という前代未聞の事件でへこまされた。その反動というか勢いに任せて、初めてミクさんとランチにいった。そこで彼女のことをいろいろと聞いた。夕方まであっという間に時間が過ぎた。

 

そのときにLINEを交換できて凄くうれしかった。

 

そして連休中。一度だけLINEをした。やり取りに付き合ってくれて寝たの深夜。幸せだなーと思った。

 

連休が明けてからは週に1~2回、無理やりな口実で彼女にLINEをした。
そして5月の終わりに、彼女と飲みにいった。緊張してあまり覚えてないけど、「楽しかった」と言ってくれた。社交辞令だろうな、と思いつつ、でも嬉しかった。

 

そこから2回目までは仕事の都合もあって、1月空いた。
それまでの間もLINEに残業にコミュニケーションをとり続けた。

 

問題は会話が仕事がらみで中々そこから抜け出せなかった事。

 

一方でプラスの変化はたまに、彼女からLINEをくれるようになった事。

出張に出た日、昼休みにねぎらいのLINEをくれたのは今思い返しても嬉しかった。あとはその次の出張の日も夜にLINEをくれた。

 

彼女は無口に見られたり、壁があるように見られるけど、実はしゃべるのが好きだ。だから、ずっとでも話をしてられる。意外にも 笑

 

だけども彼女からLINEをくれることはほとんど無かったので、この変化はうれしかった。

 

そして先週末に飲みにいった。
そこで僕はあえて仕事の話はほとんどしなかった。プライベートの話ばかりした。おかげで彼女のことを知れたし、僕を知ってもらう事もできた。

 

そしてその日、手は握る事はできなかったけど、離婚協議をしている事を打ち明けた。彼女に秘密を預けた。

 

 

明けて月曜日、いつものように一緒に残業をした。
だけど、彼女の話はもう仕事の話じゃなくなっていた。

 

こう振り返ると、よく既婚の割にはここまで親密な関係を作ってこれたな、と思う。

 

今週はなかなか二人で過ごすような時間はとれなさそうだけど、このまま頑張っていきたい。