俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

6/27 彼女がいない日

6/26(月)の夜は結局、何事もなかったかのように一緒に会社で過ごした。

 

僕は先週、ミクさんと飲みにいく前日は下見の為に外出先から直帰したし、翌日は飲みにいくために早めに切り上げたので仕事がたまっていた。

 

なので、21時過ぎまで怒濤の追い上げで仕事をしていた。
彼女も仕事があったのか、遅くまで真剣にカタカタやってて、結局22:00くらいにお菓子をもってこっちに来てくれた。

 

 

翌日、彼女は珍しく有給だったので、「どっかいくの?」と聞いたら友達と遊びにいくとの事。久々に会う友人らしく、女性同士で遊びにいくみたいな話だった。

 

 

なんか、話が色々と飛んでた気がするけど、花火大会の話とか、北海道旅行の話とか色々としてた。

 

 

まあ、話の内容がガチャガチャなのはあるにしても、1つ明確に感じた「変化」があった。無理矢理に仕事の話をしなくなった、という事。今迄は接点が仕事しかないもんだから、どうしても仕事ネタに頼って会話をしていたけど、何か普通の会話だった。

 

 

良い意味で気を遣わなくなったな、と。

 

 

彼女と別れた後の帰り道、いつもどちらからともなくLINEをする(まあ、ほとんど僕から)んだけど、彼女から送ってきてくれた。

 

僕が離婚協議中という事が、彼女にとってはそんなに影響が無いのかもしれない。確かに「気が楽になった」みたいな事を言ってたくらいだし。ミクさんが僕と親しくする事で、夫婦関係に悪影響となるのでは?という懸念があったようだけど、一方で、「じゃあ、何故やめなかったのか?」という疑問もあるわけで、、、その辺は彼女自身にしか分からないし、彼女自身も分かってるかも分からない。

 

話を戻すと、こないだの飲み会のおかげで随分と距離が縮まった感じがする。部屋がどんな感じだとか、休日の事とか、結構色々と話す事ができるようになった。僕も、あまり所帯じみた話はやっぱり避けてるけど、子供がいる事を今一度きちんと話ができたので、無理なく自分の生活の事を知ってもらえてきてる。

 

なので、次のステップはやっぱり、週末に会う、、、ではないだろうか。
これは結構難しい。今迄の飲み会のように仕事を言い訳にする(嫌な客がいたから気晴らしに、とか、一緒にやった案件に区切りがついたからプチ打ち上げに、、、とか)ことはできない。まあ、それも名目で、実際はそんな話しないんだけど。

 

 

そんなこんなで、今日は珍しく彼女がいない1日でした。
仕事はかどったわ(笑)

 

ももともと今日は子供のお迎えの日だったので、どのみち残業できなかったし、あまり早く帰るのを彼女に見せたくないので(あ、お迎えかな?とよぎるだろうし)。

 

 

ただ、今週はもう一緒に残業ができない。

 

明日は彼女が会社の飲み会。
明後日も会社の飲み会でそれは私も彼女も参加。
金曜は私が研修で終日不在で夜はその打ち上げ。

 

なんだかな、、、、。

 

まあ、プラスに考えると、明日と明後日は彼女にアルコールが入るので、少し大胆なやり取りが期待できるかもしれない(やり取りがあれば、だけど)。

 

ただ、すぐ週末になっちゃうので寂しい。。。

 

週末に約束を取り付けられると色々な意味で今後の発展に繋がる。
まず、週末は連絡しない、的な、The不倫的な感じとか週末の悶々とした感じから解放される。そして、お互いの事をより深く知れる。

 

しいては、こないだ書いたような、週末に感じる孤独感みたいなものを埋めるために僕を使ってくれると、彼女の僕への依存度は上がる。

 

という訳で週末プランを策定しようかなと思ってる。
まあ、平日でもいいけど、何か次の約束がないとモチベーションが下がるし。