俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

5/12 4:00 AM

5/11の記事で書いた通り、その日は一緒に過ごせなかった怒りに任せてミクさんにLINEをした、結果、なんかやり取りが続いて嬉しかった。

 

彼女は翌朝、お客さんのところに直行だったので朝早かったにも関わらず深夜00:30まで付き合ってくれた。

 

実は僕は彼女が翌日直行だというのは何となく耳にしてた。
だから、LINEのやり取りも続けようと思えば続けられそうだったけど、明日早いでしょ?って事で切り上げた。

 

一個、凄く嬉しかったのは、「長々とごめんなさい」と言ってくれたので「僕は楽しいからいいんです」という旨を伝えたところ、「私も楽しいのでついつい長くなる」的な事を言ってくれた。

 

まあ、僕は会社の同僚だからどこまで社交辞令かわからないけど、「私も楽しい」と言ってくれるのはやっぱり素直に嬉しい。前回、ランチをした時も同じように言ってくれたのを覚えているけど、その時も嬉しかった。凄く。

 

 

アナタと話せて楽しい、というのは他の人にストレートに言った事なかったなー、と今さら思う。会話がつつけばお互い楽しいって事だし、そうでなければ、少なくともどちらか一方は楽しくない、という事で、そんなのはいちいち言わなくても分かるんだけど、だからこそ言う事に意味があるというか、、、。だから、僕は「楽しいです」と言う事にしてる。これはきっと大事。

 

 

5/12

 

この日は幸せだった。

 

ミクさんは夕方くらいまで外出だった。
他のメンバーも彼女と外出してたし、別件で外してるメンバーも多かったのでオフィスはまったりで、僕はノホホンと仕事をしてた。

 

で、お昼食べて食後の散歩(というか気分転換)で音楽聞いて歩いてたら、ミクさんからLINEが。。。おぉ。。。。向こうからとは。。。。

 

 

多分、打ち合わせが終わって昼ご飯でも食べてるのか移動中なのか。
まあ、仕事とは関係ない内容で、前日の話題の続き(とは言っても同僚ネタではあるが)。

 

 

初めて彼女からくれたので嬉しかった。
他の同僚といる中できっと、黙って送ってくれたんだなーと。

 

 

何回か他愛もないやり取りをして、終わったけど。

 

 

で、夜は二人になれたので少し話しをした。
まあ、仕事の話だけど。

 

で、返り際、彼女が電車に乗り遅れそうだったので、少ししてから「ちゃんと乗れた?」って聞いたら「乗れた」と。良かったつって、僕は一人ラーメンでも食べに行こうと思ったんだけど、何気にやり取りが続き、それが結局夜中の3時過ぎまで続いた。

 

正直、え、寝ないのかな?とか思ったんだけど(笑)
僕は寝るのはいつも2時くらいで遅い方だけど、それにしても、、、しかも結構内容が無いやりとりで、僕は一旦落ちて、その後ナチュラルハイになって、、、みたいな状況だった。

 

 

なんてゆーか、昼にLINEして、夜会社で2時間くらい駄弁って、明け方までLINEするってもうこれ恋人以上よね(笑)って。いや、マジで嫁ともそんなにずっと言葉を交わし続けた記憶ない(笑)それは結婚前から考えても、、、、。

 

 

なので、流石にこれを「社交辞令」で片付けられると困ってしまうんだけど、、、もともと話好き(寂しがり?)なのを差し引いても多いよねっていう。

 

 

なんだろう、きっと僕の中での独占欲?みたいなものが満たされた嬉しさもあるのかなー、、、。

 

 

まあ、そんなこんなでここ数日は幸せ過ぎるほど彼女とやり取りできた訳で、そこから見えてきた情報と課題を整理するとするか、、、

 

1.彼女は男に「仕事できる」を求めるみたい(頼り無いのは嫌みたいね)

2.褒められると嬉しいみたい

3.少なくとも僕の事を良くは思ってくれてる(likeかloveか不明)

4.課題としては、仕事・職場ネタばっかりでプライベートに踏み込めない

5.僕に妻子があるという事と上記3の関係がまるっきり見えない

 

主に課題は4以降。

 

4は、結局、お互い踏み込みにくいという事。
何故なら、僕に家庭があるから。プライベートな話になると、僕は彼女に色々聞けても、彼女は返せないんだよね、きっと。だって嫁とか子供の話は避けて通れないから。そこを避けるにはプライベートの話をしないのが一番。

 

で、彼女も変に聞いてこないし。子供が何歳とか、嫁とどう知り合ったとかね。

 

後は過去の話ならOK。昔の恋愛とかね。これは割と盛り上がる。プライベートな事だし、嫁と子供の話に繋がらないから。唯一、そこを避けてプライベートを開示しやすい話題かも。

 

で、そこからの5なんだけど、状況証拠だけから考えるとやっぱり僕とミクさんのやり取りって、普通の同僚のそれではないのは明確で。週に何日も深夜まで一緒に会社で話をしてたり、明け方までLINEしたり。

 

そこに好意があったとした時に(ミクさんが僕に対して)、それについて彼女はどう思うのかなって。

 

・とりあえず目の前の恋愛を楽しめれば既婚者でもいい
・不倫は辛くなるから嫌だけど、断りきれないのでズルズルしはじめてる

 

どっちかだと思うんだけど、それによって話が変わってくる。
さらに、そこに「既婚者だからいい(独身男性に興味ない)」とかいう選択肢もなくはないけど、それは一旦置いといて。

 

既婚でも「好きならいい」という事であれば、そんなに難しい話ではない。
一方で、二つ目だと、決定打を売った時にブレーキがかかる気がする。

 

 

状況は良くなってきてるけど、やっぱりLINEはLINEというか、まして彼女は僕より年上だし、決定打まで完結できるツールではないと思う。だから、まずは食事に誘いたい。そこで、手を繋いでみるとか、なんか具体的な意思表示をするべき段階に来てるかな、、、って思ったりしてる。