俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

連休が終わる。

明日から仕事という人も多いですかね。
私もです。

 

GWを振り返ると、想像していたより良い連休だったかな。


家庭の中はもうダメで、嫁と子供は実家(関東)へ帰っていたし、私は私で自分の実家(地方)へ帰っていた。前半は子供と嫁と一応出かけて(離婚という話が出ている中で、嫁がどうしても子供の為にという事で)いたけれど、後半はほとんど顔を見なかった。

 

それぞれが実家に帰ると決めたのは、一旦、冷静にこの先を考えてみる時間が欲しいというのが理由。私は、色々と小さな事が積み重なって嫁が嫌いになった。何を直して欲しいとかいう話ではなく(直して欲しいところは過去に何度も言ったがダメだった)、ただただ気持ちがない。これは、ミクさんがどーのこーの、という話ではなく、ミクさんと一緒にならなくても、今の妻と同じ人生を歩むのは心底嫌だという話です。

 

まあ、子供の事とか家のローンとかあるから、そう簡単にはいかないんだけど。
私自信は私が今の息子くらいの歳で親が離婚しているけど、その後、特にそれで不自由をした覚えはあまりない。小学校低学年の頃、まだ母親が再婚してなかったので、「なんでお父さんいないの?」とクラスの子に聞かれて答えに困った事くらいかな 笑
一方、嫁の方は二人とも揃ってるけど、母親はヒステリーで心の病気が治ってなくて、ブランド物のバッグを毎月買って、家計は火の車だし、父親も固い仕事してたわりに、少し頭のネジはズレてるっていうかキチガイ。こないだも離婚の話が耳に入った瞬間、うちに押し掛けてきて、私は深夜まで仕事してたんだけど、「2時でも3時でも待っている」とかいって、人の家に居座って。

 

もうリタイアしてるから暇なんだろうけど、クソ迷惑な奴らだ。
日を改めて下さいといっても、結局いやがった。

 

挙げ句、私がいない間に嫁の母親が私の母親に電話したらしく、「離婚した人間の子供だからこうなるんだ」とか一方的にヒステリックにわめき散らしたらしく、それを義父はしばらくとめなかったらしい。まあ、うちの母親は黙って聞いていて相手にしなかったみたいだけど、金輪際関わらない事は決定的。

 

義家族ってのもこれまた厄介で。
これが理由で離婚する夫婦もいますしね。

 

多分、あの人達が死んでも、僕は泣かないな。
あ、やっと?みたいな。

 

感謝してる部分はあるけど(孫の面倒をみてくれたとか)、それ以上に、病気を盾にして色々と周りを傷つすぎた人達だし、その中に私もいるわけで。できるだけ関わりたくない。嫁姑問題も無いではないし。うちの母親も悪い部分はあるけど(それについては、今回の帰省の際にキツく言ったけど)。

 

とまあ、こんな風に書くとGWの何が良かったの?って話ですけどね(笑)

 

帰省中に少しミクさんとLINEでやり取りして、、、それが嬉しかったっていう中学生みたいな話です。はい。

 

たわいもない、というか下らない話を1時間くらいやり取りしてたかな。嬉しかったのは、ミクさんの中で変化があったのか、仕事中じゃないからなのか、タメ口でフレンドリーになった事。今迄は、基本的には敬語だったから、何か距離が少し縮まったように思えて嬉しかった。まあ、年下で社歴も短い僕に何故敬語だったのか謎だけど、きっと明日から職場ではまた敬語なんだろうな。僕にだけタメ口って変だもんね。周りも変な目で見るだろうし。

 

先日、一緒に食事したのは楽しんでくれてたみたいで、なんか向こうも次回のきっかけを待っているような感じがした。やっぱ理由は必要だよね。向こうは特に。仕事に関係なく、年下の既婚男性を食事に誘うって、そりゃねぇ、できないよね。「家は大丈夫なのかな?」とかね、思うだろうし。

 

なんで、私が誘うしかないわな。
別に普通に誘えばそれはそれでいいんだと思うけど。

 

なんかの本に、飲みに誘う前にまずランチに誘え、みたいな事書いてあったけど、それ当たってるなーって思う。GW直前にたまたまだけど、お昼一緒に食べたおかげでかなり次のステップのハードルが下がってるし。

 

 

GW明けの目標(5月中)は、次のような感じにしようと思ってます。

 

 

・まず、夜に飲みに誘う
・もしそれがOKだったら、私と妻の状況を少し聞いてもらう
・あわよくば手を握る、、、とか
・ミクさんの方から何かしらLINEで連絡を貰う(向こうから貰う、という事だ大事)

 

さー、どこまで行けるかな。