俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

4/28 No action, no gain.

少し間があきました。

 

更新が止まってしまっていましたが、色々な事がありました。
まず、、、何よりもまず。ミクさん意外の女性が現れた、、、という。

 

1. 昔のアルバイト先の先輩

 

先週の金曜にブログを書いた通り、その日、ミクさんは夜飲み会があった。だから、会社に残っていても仕方が無いし、私は悩んだあげく学生時代のバイト先の先輩(男)に連絡をし、飲む事にした。

 

彼とは一年に一回くらいは飲む。
それも大体この時期。

 

で、そのバイト先(今はもうないが、バーだった)のお客さんの女性(当時28歳くらい、今アラフォー。私の5個上くらい)もくるとの事。その女性というのが厄介で、めちゃくちゃ綺麗で可愛い。しかも私の10代後半の、生涯で一番好きだった元彼女に似ている。

 

私がバイトしていた当時は彼女はとにかくモテていた。
誰が見ても綺麗、そういう人。しかも優しく、人当たりもいい。だが、恋愛に関しては少しめんどくさいところがあり、思わせぶりだったり、付き合ってもすぐ別れたり、みたいな事が多かった。

 

私はバイトの帰り道(明け方)に一度だけ、手をつないで帰った記憶がある。
家に来ると言ってたが、学校があるので断った。ずっと叶わない恋をしていて、時に寂しくなった時に、そうやって近場の男をひっかけてるように見えていたのがホンネだ。

自分がモテる事をよく知っていた。

 

だが、その後10年以上の不倫に走り、現在は不倫はしていないが結婚もしていない様子。

 

で、問題は私が終電を逃して彼女の家にお世話になった。
昔から知ってる間柄だし、私が結婚してる事も知ってたので何もしてこないと勝手に思ってたら、キスをされ、、、後は割愛する。

 

とても心が乱されたというか、持っていかれた。

 

 

相手の気持ちも分からなかったし、この先私とどうしたいのかも分からなかった。
だから、昨日あって話を少ししたけど、「呼ばれれば全然会う」みたいなよくわからない事を言ってた。でも「不倫は嫌だ」とも言ってた。

 

きっと少しは気持ちをもってくれてるみたいだけど、不倫と割り切った付き合いはしたくないんだろう。だから、これから「不倫相手」として定期的に会う事は避けたかったんだと思う。そこで私に「好き」と言えばその流れは確定する訳だし。

 

なんか、急に突き放される感じになって、結構ショックだった。
だけど、それを追いかける気にもならず、、、、それに追いかけられる事を彼女は元来得意としていないので、「都合がいい日があったら連絡して」とだけ言って、向こうはOKといって終わった。多分、連絡は来ないかなと思う。来たら来たでいいけど。

 

 

2. ミクさん

 

そんな事で、昔からの知り合いに急に振り回された一週間で、正直、ミクさんへのアプローチが止まっていた。

 

我ながら、何がしたいんだ、と自己嫌悪になりそうになったが。

夜はそれでも一緒に残業して話をした日もあったかな。でも、子供のお迎えの日もあったりであまり一緒にはいなかった。

 

で、昨日はその先輩に会うのに夕方にそそくさと帰ったし。
ミクさんがどう思うなんて考えてる余裕も無かった。

 

で、先輩に事実上(?)振られるような感じになって、実際にはかなり凹んだ。
本当は今日休み(有休)にする予定だった(というのはGW前で、有休取得を会社が奨励しているため)のだが、一人でいると先輩の事でグルグルするので、出勤する事にした。ミクさんは基本的に奨励日は休まないので、ミクさんの顔見て少し元気になって帰ろうって事で。

 

で、行ったら案の定いて、何か仕事の事で私のデスクに来てくれてそこから1時間くらい話してた。多分周りから見たら「仕事しろよ」って感じだっただろうけど。。。

まあ、出社してる人はあまりいなかったし、重役達はこぞって休みだったから無駄話している人は多かったけど、それでも僕とミクさんだけちょっと浮いたかも。。。

 

で、午後になって仕事も片付いて、帰ろうかなと。
PCをしまって、荷物をまとめてトイレに行って戻るとミクさんも帰る支度をしてた。まあ、じゃあ一緒に出ようかなと思って、出て。

 

 

そこで思った。

 

あれ、まだ昼の1:30でお昼食べてないなって。
でも私は徒歩圏内で電車のらないけど彼女は電車。

 

んーーー。

 

とりあえず、私は夕方まで買物でもしようと最寄りの大きい駅(ミクさんはそこで乗り換える)までは行くつもりだったから、そこまで一緒に行っていい?と聞いて電車にのった。

 

で、ミクさんのその後の予定も分からないし、昼誘うのも勇気がいるので、諦めかけていたら、その駅について改札抜けるくらいで「お昼食べてないんだった」ってぼそっと言うので条件反射的に誘って、快諾してくれて、一緒にお昼食べにいったけど、そこで3時間くらいいたかな、、、、

 

で、私も子供を迎えにいかないといけないし、そろそろ帰ろうと思ったけど、明日からGWじゃん、と。会えないじゃん、と。急に寂しくなって。

 

で、GW前に連絡先を聞くってのを1つの目標としてたのを思い出して。
なんてゆーか、同僚のLINEとかって、きっかけが無いと聞けないでしょ。例えば、これまでは私が休みの時に緊急の電話があって、私に言づてするのに誰かから番号聞いてLINEしてきた人とか、そういう偶発的で業務の延長上の理由で連絡先を知ってるというパターンばっかり。

 

だって、「連絡先聞いていいですか?」って言われたら相手に興味がなく「職場の人」であれば「え、なんで?」ってなるじゃんって。

 

でも、今日は会社じゃなかったし、何か聞ける気がして聞いたらすんなり交換してくれた。

 

 

 

イエェエエエエエエエーーーーイ!!!!

 

 

俺の中の池崎が吠えた。

 

で、帰って子供寝かせてから(今日は妻は飲み会)、LINEして、「楽しくてつい時間を忘れてしまいました」的な事を言ったら社交辞令だと思うけど「私も楽しかった」って言ってくれてなんか救われた。素敵な人だなー。

 

でも、話をしてると何かやっぱ年齢的なコンプレックスはあるみたい。あんなに可愛いのになー。あとは昔の恋愛の話とか少ししてくれた。うん。そういう自分の話を今迄はあまりしてくれなかったから嬉しかった。

 

で、タイトルなんだけど、先輩との一夜は私が思いつきで飲み会を開かなければ実現しなかった。急に思い立って、誘った結果として、朝帰りになった訳で、私としては昔の憧れの先輩を一夜だけでも、、、という思い出になったし。

 

ミクさんとのお昼も、思いつきで出社したから実現した話。
先輩との事で家で腐ってたら、GW明けまで会う事もなく、連休中も当然にコンタクトのしようがなく、、、、という事だった。

 

 

だから、思いついたら行動してみる。そうすると結果として、予期しない事が良い意味で起きる事が多い。予測可能な時間ばかりを凄そうとすると、予測可能でつまらない時間しか待っていない。

 

流れに身をまかせるな。行動を起こせ。

 

それって凄く大事。

 

それを私の抱負にしようと思う。マジで。1つのアクションが予期しない100の結果を生む事があるんだもの。