読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のジュリエット

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

4/5 一喜一憂

4/4の火曜日、また嬉しい事が起きた。

 

ミクさんにお菓子をあげたら(ただホントに何気なくあげたら)、そこから長くおしゃべりができた。結局、深夜まで。

 

単純に考えると、好きな人とずっと話ができたので、こんなに嬉しい事はない。だけど、こういう時、人は相手の事が分からなくなる。

 

 

なんで、終電間際まで話をしてくれたんだろう?僕の事を良く思ってくれてる?それとも単におしゃべりが好き?

 

答えはないですよね。

 

話は途中、何故か社内恋愛をした事がある同僚達の話になっていった。緊張もあってあまり覚えていないけど、はっきりしているのはミクさんからその話を始めたって事。そういう人がいるだけでも、会社にくるのが楽しいだろうね、って言ってた。Youのsoでありたい、と思うのだが。何故かrapになってしまった。

 

学生時代の事とか、色々と話ができて今回も凄く嬉しかった。
ただ、タイミングが良いのか悪いのか、私は妻と絶賛喧嘩中で、ろくに口もきいていない状態が始まっている。そのせいで、気分が落ちて(妻が好きという事ではなく、家の中にネガティブなオーラが漂っている事、その中で何もしらずに可愛く笑う子供が愛おしい事など、いろいろ)いたため、刺さり過ぎたというか、「もうミクさんしかいない」みたいな感覚に陥ってしまった。

 

 

オフィスの消灯を一緒にした時はなんだか恋人みたいで凄く嬉しかったし、横に並ぶ彼女は凄く可愛かった。並んで歩く事は滅多にないからね。

 

 

ただ、この高まりみたいなのは、なんか危ない気がする。Out of Controlというか。気持ちを彼女に押し付けてしまいそうになる。好きだよ、と言ってしまいたくなる。

 

言葉の節々から勝手な想像を膨らませて喜んだり悲しくなったりしてしまう。これは、自分が主導権を握れなくなるリスクが高い。きちんと作戦とか戦略にそったアプローチができなくなってしまう。

 

 

既婚である事は基本的にマイナスだが、もしプラスに利用するならば、「余裕」を見せなくてはいけない。彼女は僕より5つくらい年上だけど、未婚だ。余裕というのは、きっと「がっつかない」とかではなくて、きちんと思ってる事を伝えられる事なのかな、と思うわけです。

 

 

とりあえず、冷静になる為に想像は省いて、事実だけ列挙してみる。

 

・先週の金曜に9:30くらいから11:30くらいまでオフィスでおしゃべりをした

・月曜はまた23:30くらいまで一緒にいて、一緒に駅まで帰った
・社内恋愛の話をされた
・今日(4/5)は他の人がまだ残っていたが、他の人がいる中ではお互いに金とか月のような話はしない

 

あと、彼女は凄く年齢を気にしているようで、それが自信の無さに繋がってるような気がする。

 

いずれにせよ、ちょっと火曜の話を使って、アプローチをかけたいと思ってる。

 

・遅くまで付き合わせてしまった
・忙しいのに余計に疲れさせてしまって申し訳ない

・楽しくてついつい話すぎてしまった

 

という事はホンネでもあるので、伝えてみたい。

 

てゆーかあと数週間でGWなんですね。それまでに連絡先を知りたい。。。