俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

4/3(月) 週末

昨日までの週末はミクさんの事ばかり考えていました。
金曜の夜に色々と話せた事がとても幸せで、彼女の事ばかり考えていました。

 

さて、彼女はどうだったんでしょう。
きっと、僕の事は考えてないでしょうね(笑)わかんないけど。期待しても仕方ないです。

 

ただ、どう考えたって仕事返り際にずるずる2時間も無駄話をしたんですから、ゼロではないと思うのです。まあ、思いたい、というか。

 

ただ、私もですが、一方で週末というのは冷静になる時間もあります。
仮に万が一、ミクさんが僕に好意を持ってくれていても、先が見えない恋です。

 

となれば、きっと月曜からは一歩引いた感じで、試す、ではないですが向こうからどうこう、という事は期待できないと思います。それは向こうが僕に好意を持っていたとしても、です。

 

かなり高望みをして、彼女が週末のおしゃべりタイムを楽しいと感じていてくれた、として。私は返り際に可愛いと褒めました。それは彼女にとってどれくらい嬉しいかは知りません。ただ、印象には必ず残ってます。何故なら、そんな事を言う男性は他に会社にいないから。

 

40手前の独身女性を捕まえて、気軽に可愛いと言うのはハードルが高い。慣れないながら、それをやってるのは僕だけです。多分、既婚だから言い慣れてると思われてるかも知れませんが、それでOK。

 

問題は他の男は言わない。でも、僕は言う。
そして仕事をそっちのけで無駄話に長々と付き合った。

 

向こうからすれば、「、、、?もしかして私に気がある?」と一瞬は思ったはずです。で、おそらく「その気持ちを確かめる」ではないですが、もっと精査しようと思っているかもしれません。

 

向こうからグイグイ話してくれる事は無いと思いますし、実際、今日はありませんでした。ただ奥手なのかも知れないし、そもそも私は既婚ですから、その時点でそういう感情は1mmも湧いていないのかも知れません。

 

その正解は本人にしか分からないですし、私が考えても意味がないので、最前の方法は、彼女が試しモードに入ってると過程して、引き続き、気があるそぶりをする事です。

 

 

ここで、突き放すような行動をとるメンズもいるんでしょうけど(彼女に「あれ?」と思わせる作戦)、多分、機能しないです。年齢のせいもあるかと思いますが多分、私から見て彼女は自分に自信がなさそうです。なので、負け試合は絶対にしない感じです。ヒドい言い方なのかもですが、30後半の独身女性からすれば、年下の既婚男性から言いよられたと勘違いして、実は違ったなんて、凄く傷つくし、絶対に避けたいと思うはずです。

となると、突き放した途端、防衛本能から「私に気があるのかな?」という思考に蓋をしてしまうリスクが高いです。

 

仮に彼女が何も考えてなかっただけならそれはそれで、好意の表示が足りてないって事だから、どっちにしろとるべきアクションは同じです。