読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

道ならぬ恋がはじまって3ヶ月たってみて

ミクさんを好きになったのが3月の頭くらいなので、そこから数えると2ヶ月半くらいが過ぎた。

 

思い返すと色々とあった、、、けど、なんだかんだここまでは想像以上に上手くいってる気がする。上手く行き過ぎなくらいかも、と思う。

 

3月末に、彼女と初めてまともに話をした。
今も続いている残業時間の無駄話の記念すべき第一回。
一応お断りをしておくけれど、彼女と夜無駄話をするようになってから、私の昼間の仕事の効率は劇的に上がっていて、むしろ前より生産性は上がってる 汗)

 

そもそも、その日は忙しくて、一旦子供を保育園から家に送って、嫁が帰ってきてバトンタッチした日だった。本当は会社に戻るかどうか悩んだけれど、結局行ったんだった。その結果として、ミクさんと話ができたという形。

 

4月の間は週に半分くらいは一緒に残業してた。
そんな中でも浮き沈みがあって。今になって4月の記事を見返すと笑えるくらい女々しい(笑)今思い返すだけでも、嫌になるくらい悲しい日があったのを覚えてます。

 

で、4月末の連休前にめでたく連絡先をゲットして、連休中もちょっとやり取りできて、その後、連休明けもちょっとずつ連絡をする機会を増やして、5月の下旬になって先週は飲みにいった事もあって、一週間ほとんど毎日、会社の後に連絡を取り合っていた。

 

そんな感じで振り返ると、3月の時点ではこんなに親密になれるとは思っていなかった。頑張ったなぁ、と。過去の恋愛ではここまで頑張った事なかったかも。流れに身を任せていたから。ダメならダメでいいや、って。どちらかというと積極的な女性とばっかり付き合ってたからかな。そういう意味ではミクさんは奥手なので僕が動かないと何も始まらないので、頑張らないといけなかった。

 

今、過去の記事を見返して思うのは、確実に僕とミクさんの関係は変化してる。3月下旬は同僚だった。4月はそこからお互いフワフワっとした「気になる」みたいな感覚があって、お互いに「好き避け」みたいな事をしていた。その渦中にあってはミクさんの行動も謎で、「好き避け?嫌い避け?」ってグルグルしてたけど、今となっては、好き避けだったのかなー、って思う。ミクさんも淡々としているようで人間、、、というのは失礼だけど、まあ、普通の女子なんだなーと冷静に思ってみる。

 

連絡先を交換して、二人であったりしてる中で、少しずつ二人だけの秘密が出来上がってきてる。だから、僕は「今晩ミクさんは残業するかな?話すきっかけあるかな?」とか前ほどにはやきもきしなくなった。彼女も前みたく急にそっけなくなったりもしなくなったように思う。

 

 

まだ最初の通過点だけど、関係が良い方に変わってきている事は素直に嬉しい。

 

 

問題は来週以降どうするか。

 

彼女はこの関係をどうしたいんだろう。
少なからず好意は持ってもらってると思う(彼女が不倫までしたいかどうかは分からない)。それが気になる。

 

職場では変わらず接しようと思うけど、彼女から連絡くれないかなー、って思ってしまう。いつも僕が無理矢理に話題というかキッカケ作ってやり取りを始めるんだけど、彼女から連絡くれたのって、2回かな。最初は前夜の続きで昼にLINEくれて。2回目はこないだの食事のお礼メール(早かったな、くるの)。

 

だから、僕みたく特段、急いで連絡する用事がある訳でもないので、無理矢理にキッカケつくってLINEするという事は彼女はしてない。もしそれで、キッカケとか理由がどうあれ、彼女から連絡くれると嬉しいな。自信にもなるし、何かモヤモヤが飛ぶような気もしてます。どこまで我慢できるか若分からないけど、来週はLINEを自分からしないようにしてみようかな、、、怖いけど。

 

 

5/26 ステージ2へ

今週はなんか色々と忙しくて、「あれ?もう金曜?ちゃんと5稼働日あった?」と疑いたくなるような一週間で。

 

メインイベントのミクさんとの食事を木曜に控え、月から水は淡々と仕事をこなした。嬉しかったのは、月から水までの間、木曜のセッティングの為にちょっとずつだけど毎日LINEできた事。

 

僕はただの女友達との食事であれば、もう結構、自分で決めちゃうというか、自分の行きたいとこに行く。とは言っても、雰囲気のいいところが好きなので引かれた事はない、、、と思ってるけど。でも、今回はミクさんという事で、、、決められねー。

 

まず、向こうがこの飲み会をどう捉えてるか、という問題。
僕の中ではデートでも、向こうは同僚とのただの食事、という事であればあまりにお洒落な場所も、「え、、、?そういうつもりじゃ、、、」ってなるので、普通の居酒屋がいいって話だし、逆に向こうもデートと捉えていれば、それなりにこぎれいな場所を選びたい。

 

 

ただ、今回私と飲みにいくという事について、彼女は周囲の同僚には一切言ってないのは分かっていたので、100%ではないにしてもデートの一環ととらえてくれてるかな?と思って綺麗めなお店を探す事に。

 

嬉しかったのは彼女がそれなりに提案してくれた事。
「何か食べたいものある?」って聞いたけど、何度も言うように彼女は受け身なので、「なんでもいいです」とか言って来るんだろうな、と思ってたら、「焼き鳥」と。

 

なんか意外。
っていうか、「焼き鳥」って何かいい回答だな、と(笑)
男性は女性に「何食べたい?」って聞いて「何でも良い」って言われるのが困るんだけど(結婚するとこれが逆になるんだけど 笑)、ネットでみてると女性も女性で「聞かれても困る」ってのがあるみたいね。予算もわからんし、相手の好みもわからんしって事で。

 

まあ、もし意中の男性から「何が食べたい?」ってデートの前に聞かれたら焼き鳥はいいかもね(まあ、ミクさんにとって私は意中ではないかもだけど)。なんか高い訳でもないし、焼き鳥屋って大体お酒も充実してるし。結構ゆっくりできる。なんか心理的に男性側のハードルを下げて貰えるし、何かよくわからない「家庭的」な感じを醸し出すので(笑)

 

で、予約をして、当日待ち合わせをして行ったんだけど、まあ、これがまた上手く話せない。なんかどうしても仕事の話にしかならない。

 

ここは、プライベートな話をできない理由は明白で、僕が既婚だからね。何かプライベートな質問を彼女にすると、「じゃあアナタは?」っていう質問ができないから会話が弾まない。ミクさんは僕に家庭の事を一切聞かない。前は聞いてきたけど、仲良くなってからは一切ない。僕が意図的にそれをしない事を察しているのかも。

 

なんだかんだで終電になってそれぞれ帰ったけど、後悔。もっと色々と聞けばよかった。好みのタイプとか。

 

でも、帰りには向こうからお礼のLINEくれて、社交辞令で「本当に楽しかった。また行きましょう」という内容だった。次の日も仕事なので、何回かやり取りをして寝た。

 

で、次の日の今日は忙しくてお互い仕事中は会話なし。
夜にまた二人になって残業して帰ってきた。で、LINEして寝ようとしてる。

 

なんてゆーかデートの内容的には、特に会話の点では反省点が多いけど、一週間として見た時に、そういえば今週は毎日彼女となんだかんだLINEしてたな、、、っていう喜び。

 

なんかミクさんの僕への接し方も少し変わってきた。二人でいる時は凄くフレンドリーになった。二人の間に秘密(こっそり二人で飲みにいった)ができた。

 

 

 

デートの会話は、もし二回目があるなら今回の反省を踏まえないといけないな。。。

 

初めて飲みに行く準備 〜 My lady

なんですかねー、、、段々と胃が痛くなってきたね、コレ。

 

 

思えば、、、私は26歳っていう男性だと結構早いタイミングで結婚したもんでね。しかも嫁と付き合い出した頃、私は大学生だったから。実は社会人になってからゼロから何か恋愛を成就させた事ってないんだね、コレが。嫁も、あそこ行きたい、ここ行きたいとかはっきり言うタイプだったから楽だったし。

 

まして社内恋愛だなんて。
この経験値の無さたるや!!!

 

それでも結婚している、というだけで大人っぽいだとか、落ち着いてるだとか周りが勝手にイメージをつけていくんだからおもろい。

 

ミクさんもそう思ってる部分は多分にあるような。
年下といっても結婚してるし、そういう意味では、ある部分においては彼女より経験値があったり、女性慣れ(?)してるようにも見えるのかも知れない。

 

そんな事ないけど、「そんな事ない」って言ったら幻滅されちゃうし。

 

 

だから、今回の件は楽しみでもあり怖くもある。
最初は同僚との飲み会だし、「別にその辺の居酒屋で、、、」とか思ったんですけど、イヤちょっと待てと。

 

 

そもそもミクさんを口説きにかかった最初のコンセプトを思い出せ、と。

 

・彼女は最近恋愛してない
・口では年齢の自虐ネタを言う(が、プライドは高い)

 

というところから始まっていて、故にちょっと隙がない彼女に「可愛いですね」をぶっ込んだところから今がある。なんてゆーか、可愛いんだけど、あまり笑わないし、女性とばっかり群れるし、言葉使いは丁寧だけど淡々としてて近寄り難い(ホントはそんな事ないけど)。だから、いく人がいない。

 

 

結果、僕が「可愛いですね」って言うだけで凄く喜んでくれたりとかした訳で。なんてゆーか、凄く女子な訳ですね。良くも悪くも。

 

 

からするに、根底にある「お姫様扱いされたい」みたいなのは強いのかな、、、と思うわけです。別に夜景の見える高級レストランにいく必要は無いですが(っていうかそれは引く。自分も嫌 笑)、適当に行き当たりばったりで決める、というのはマズいかな、と。

 

ただの同僚としての飲みという名目ですが、それでもきちんと調べましたよ、考えましたよっていうのが必要かなって思うわけです。

 

 

なんてゆーか、ずるいやり方だけど、こういう時に既婚って楽。独身だとちょっと洒落たところに行くだけでも、「背伸びしてる」ってなるけど、既婚だとなんてゆーか無理してる感じが薄れるじゃない(笑)

 

 

何かのブログで見たけど、やっぱり男が女をお連れする、なんだよね。私はミクさんと同じ部署だから、まあ、望む望まないに関わらず、部署の飲み会で大衆居酒屋とかいくしね。なので、二人の時くらい特別な感じで楽しんでもらいたいなー、って。

 

 

5/22

最近思いのたけをぶちまいてるだけで記録できてなかったので補足を、、、

 

今日は仕事中にちょっとだけミクさんと話しをしただけ。もともと、今日は予定があるような事を言っていたので、特段夜に話すこともなく、

 

 

 

5/22 どこまで踏み込めばいいのか。

今週、いよいよ運命の週が到来した。

初めて夜、二人で食事にいく。

 

なんかこう書いてみると改めて感慨深いものがあるわ。

3月の下旬にこのブログを書き始めたけど、たぶん、ミクさんを好きになったのは3月中旬くらい。

 

去年初めて会ったときから、かわいい人だなとは思ってたけどそれだけ。それが気が付いたら恋をしていた。

 

当時、軽い気持ちで近づいた。

目がクリクリしていて年齢不相応に可愛いけど、仕事も所作も隙が無さすぎる。まして年上で。既婚者男性陣から見ても近寄りがたいその空気に僕は意味の分からない挑戦をしたくなった。

 

今思えばとてもズルい話で。
何かあった時、傷つくのは彼女の方だということは分かってた。だけど、行動に移した。

 

で、はまったのは僕の方、、、と。

 

好意を伝えるという「らしくない」自分を乗り越える度に、自分はこの人が好きなんだと思うようになった。彼女と話せない日は悲しくなった。彼女と話せた日は幸せだった。

 

何度、自分が独身だったらと呪ったか。
一方で、独身だったらこんなに言い寄る勇気もなかったんだろうとまた自分を責めてみたりもした。

 

連絡先を聞けた時はこの上ない幸せを感じた。
もともと行く予定のないランチにたまたま一緒に行けたことがきっかけだったから自分の運に感謝した。

 

 

初めてLINEでやり取りをしてうれしかった。
やり取りできたことよりも、僕といて楽しいと言ってくれたことが幸せだった。

 

GW明けにも連絡をしたら、僕とやり取りをしていて楽しいと言ってくれた。

 

 

連絡先を交換してから、少しづつ二人の秘密が増えてきた。秘密と呼ぶほどのもんじゃないけど。

 

 

しようと思えばいつでも連絡できる状態になった。だけど、一緒に残業をして二人ですぐそこの駅まで歩くというのは変わらない。

 

本当は帰る数時間前に退勤をしていること。

その日に話さないといけないようなことでもない仕事の話題で二人でいる理由を作っていること。残業代も出ないのに。

 

それは僕もそうだし、彼女もそう。

それはお互いわかってる。だけど口にしない。「そんなの今必要?」って普通なら言われるような理由で話かけてる。やっぱり会って過ごす時間は特別なのだと思う。

 

 

分かってきた彼女のこと。わからなくなってきた彼女のこと。

 

 

話せば話すほど、すこしずつ彼女のことが分かってきた。家族のこととか、恋愛のこととか。でも、一方で踏み込むほどに分からなくなることが。それは、彼女は何を考えているのか?ってこと。

 

恋をすれば、だれでもそんなもんかとは思うけど相手の真意がわからない。

 

 

一緒にいて楽しいと言ってくれる。

わざと一緒に残業しようとする。

夜中っていうか明け方までLINEに付き合ってくれる。

一緒にごはんにいってくれる。

 

 

フラグが立ちまくりなわけで、ここまで立っててなお、「彼女の真意が、、、」とか言ってるお前は何なんだ?と自分のことでなければ言っているだろうw

 

 

僕だって、これが独身同士の話なら、とっくに行ってる。
だけど、これはそうじゃないし。それゆえに決定的に不可解なことがある。

 

 

彼女は不倫をするのか?ということ。

はっきり言って、彼女は頭の回転は速い。物事の分別もあるし、キチっと仕事もする。

 

 

僕がわからないのは、にも関わらずなんでこんなにフラフラと入り込んでくるのか。それが謎。彼女くらい頭が回れば、既婚男性が家庭の話もせず、夜中までLINEして、ごはんに誘ってくることに応じる事のリスクとかがわかるような気がする。むしろ自分から残業の理由を作って一緒にいるということの危なさみたいなものも。

 

 

普段の彼女からして、ふらふらーっと不倫に走るというのはすごくイメージできない。だからこそ、ここまである種トントン拍子にきている事に怖さを感じる。

 

・ただただ、常軌を逸した「話したがり」で、僕じゃなくても永遠と話すのか?

=>多少、一度話し出すと長いときはあるけど、僕との会話の長さは比にならない。しかも連日だし。

 

・既婚者からのアプローチなんてありえないと思って自覚してないのか?

=>んーー、、、既婚者が独身の女性によなかまでLINEしないよね、ごはんに誘わないよねって。

 

・好意を持たれる分には楽のしから良しとしてる?

=>そんなに性格悪いのか?これは厄介だな。一線超えるととたんに引いていく感じ。そんなタイプには感じないけどなー、、。

 

んー、、、ただの鈍感なのか、計算なのか。わからない。

 

 

これによって今度のごはんの時に踏み込む深さがだいぶ変わるんだけど、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分岐点 is coming

こないだの記事で「ミクさんをご飯に誘う」と書いた件。

 

実行をしまして。

 

まあ、チキンなんでLINEで誘うっていう。でも、話の流れ上、彼女からエサをまくような感じ(要は、誘ってほしそう)だったので、それに乗った感じ(勘違いかもしれないけど)。

 

 

来週の後半で行く予定。

 

 

何を話そうかな。聞きたい事は沢山あるな。ちゃんと考えておかないとその場をしのぐタメに仕事の話ばっかりになっちゃうから。

 

・週末何してるのか?(ただ、これは僕に同じ質問されると子供の話になるので諸刃)

・どういう人が好きなのか?(関心をよせる、の鉄則)
・どういう人と付き合ったのか?(関心をよせる、の鉄則)

・旅行でどこが一番良かったか?(関心をよせる、の鉄則)

 

 

後は、今度から「その服可愛いですね」とかでなく、「僕、それ好きです」と変えてみようかな。これは「からかい上手の髙木さん」っていう名作漫画からのインスパイアなんですが(笑)以前、他の女子社員に服を褒めてもらった時そういって貰えて何か嬉しかったし。

 

 

とはいえ、、、、です。

 

 

これは大事な分岐点、
ここでただ楽しくおしゃべりして「じゃあまた明日」だと、次は無いかなって思ってる。

 

鉄は打つタイミングってのがあって、これを逃すと、冷めて「ちょっと話やすい同僚」くらいになるのが見えている。

 

 

別にどっかに連れ込むつもりもないけど、手くらい、、、繋ぎたいなぁ。。。怒るかな。。。

 

 

 

5/19  新しい接点

金曜日は結構忙しかったです。というか今週は忙しかった。

 

良かったのは僕とミクさんで担当する案件が1つ新しくできたので、仕事上の接点ができた事。

 

同じチームにいても一緒に担当する案件がないとあまり仕事中の接点は無いので。一応何件があるにはあるけど、ほぼ終わりかけの案件なので、お互いに確認事項もなくたんたんと仕事してればいいものばかり。このブログを開設したくらいにはそれらの案件がまだ手のかかる状態だったので、ミクさんともその話が多かったなぁ。。。そういえば。それをキッカケにして話すチャンスを作っていたんだから。

 

ただ、最近はそれらの案件が落ち着いてしまったので、残業タイムになっても話かけるネタが無いというか。一応周りに人もいるので、わざわざ相手の席まで行って話すにはそれなりに「理由」がいるので。それが無いときつい。

 

なので、最近は僕はあれこれと話しかけるきっかけを考える事も疲れてきて、しんどい部分はあった。それでも、彼女は僕のどうでもいい話を拾って話す時間をくれたけど。なので新規案件はラッキー。

 

彼女と僕は一応、職位は一緒。
大体3〜4人の面倒をみる立場だけど、役割が若干違う。僕は組織上部下はいるけど、営業だしほぼ個人プレイ。で、受注した案件を彼女のチームに回す。そうすると、彼女の部下の誰かが担当に付けられる、というのがメインの流れ。

 

ただ、今回は上の意向もあり、彼女が自分で担当する事になった。
なので、珍しいパターン。

 

まあ、そんな事がありつつ。

 

正直、月〜木は仕事のどうでもいい話をして終電くらいまで連日残ってた。ので、疲れた。。。10時くらいには仕事は終わってるので、ミクさんにちょっと話かけて帰ろうかなと思うと、そっから何か帰るタイミングを逸してずっと話して、、、みたいな。水曜は彼女は出張でいなかったから私も少し早く帰って寝たけど。でも一週間通して疲れた。

 

それは彼女も同じだったようで、金曜に昼過ぎの打ち合わせで「眠いから、今日は早く帰ろうかな」って言ってた。僕は僕で仕事が急に増えてテンパっていたし疲れていたのできっと一緒に残っても楽しい話できないなってんで、「うん、早く帰って寝た方がいいですよー」と言っていた。

 

 

で、遅くの打ち合わせが終わってそこから、見積もり作ってとかバタバタして9時くらいにふと気がつくと、まだいるし。

早く帰るのでは、、、?と思いつつ、そこから仕事を仕上げて、10:00くらい。

 

 

、、、まだいる。しかもめっちゃカタカタなんかやってる。

 

、、、忙しい系?と思いつつ、僕はものっそい眠かったので、もう先に帰ろうかなと。好きな人を置いて帰ろうかなと(笑)で、カバンを出してガサガサやって、よし帰ろう、と席を立ったら呼ばれて。まあ、別に急いで帰る必要もないので、席までいったら、仕事の話を相談され。

 

 

でも、それ今日である必要が全くないヤツ。

 

 

まあ、話す理由をくれたって事かな。
そんな無理くりな理由を作って呼び止めてくれてなんか嬉しかった。

 

で、今週を振り返るとなんか、彼女の中で僕といる時間を意図的に増やしてくれてるような場面が結構あったんだよなーと。その新規の案件も申し送りをする、と言いながら結局深夜の無駄話の延長で色々と話をしてるからもう伝える事もねーしな、、、と思ってたけど、「申し送りやって」との事だったので形上やったり。出ても出なくてもいいミーティングも出てくれたり。

 

まあ、仕事は僕よりはるかにキチンとやる人だから、形上でもあってもやる事が大事なのかもだけど。

 

いずれにしても幸せだ。うん。