俺ジュリ ~ 俺のジュリエット ~

既婚子持ち30代が同僚の年上未婚女性に恋をしたゲスだけどピュアな話。ゲス批判に中指を立てつつ繰り広げる戦略的恋物語。

6/21 準備

今週はあまりいい流れができていない。

 

先週は結果的に毎日やり取りできて浮かれていたが、今週はなかなかどうして波に乗れない。

 

月曜と火曜の夜は会社で一緒にいられたし、いつも通り、一緒に帰った。
ただ、仕事の会話が中心で上滑り感は否めない。

 

 

月曜の夜は特に連絡はせずに帰宅。

火曜の夜は金曜の飲み会の事で連絡し、ちょっとやり取りして寝た。

 

この2日気になった事としては、

 

プラス材料

・僕と夜話をして帰るのが習慣になってきた、と言っている事と、それについて「いつもありがとう」と言ってくれてるので、彼女としても嫌ではないという事が分かった。

 

・他の同僚の女性A(美人)と男性Bについて、「2人きりとかじゃないんだけど、少人数で飲みに行ったりするくらい仲がいい」みたいな話をされた。じゃあ、2人きりで行く僕らは?と期待してしまう。

 

 

マイナス材料

・特に明確に態度に出される訳ではないけれど、前は「私も楽しい」みたいな事をよく言ってくれてたけど、なくなった気がする。「いつもありがとう」とは言ってくれるけど。

 

そんな事もありつつ、やや僕の中でもマンネリ気味のこの関係を一歩前進させるべく、金曜のデートにむけて準備を進めている。

 

どこに行くか?は今日に大体は決める。
後は質問リストの最終チェックとシュミレーションを今日と明日で。

 

ミッションは、

 

・次の約束を取り付ける事(できれば休日の昼間)

・手をつなぐ事

 

の2つ。

その過程で、僕の家庭の状況の話になるかもしれない。

 

後は、

 

・楽しんでもらう事(笑って、ドキドキしてほしい)

・いい気分になってもらう事(普段感じている年齢のコンプレックスを忘れてもらう)

 

これが最後、とか思ったりすると怖くて行動が起こせなくなってくる。
このブログでも当初から書いているように、No action No progressがこの恋愛の趣旨だ。そこは最後までぶれないで攻めていたい。

 

僕からすると彼女はとても魅力的で、年上でたまに怖気づいてしまう。
だけど、前はそうじゃなかった。

 

・年上といったって、人間、ある時点で精神的な成長は止まる。年上のお姉さまを演じていても、傷ついたり、怖くなったり、ドキドキしたりする。表に出すのがうまくなるだけ。

 

・言い方は悪いけど、僕くらいしか、ここ最近で彼女に積極的にアプローチしている男はいないはず。この関係を失うのは彼女も怖いはず。前進させるのも怖いと思うが、また一人の日々(ほぼ会社との往復で、週末もどんどん予定が減っていく)に戻る事の方が怖いと思うかもしれない。

 

 

こんな風にちょっと上から目線で動いていた。
それが功を奏した部分も大いにあるので、今週、ビビッてしまったら初心に帰ってグラグラ揺さぶってやる。

 

 

 

 

 

 

来たるべき決戦の週

明日から新しい週の始まり。

 

僕にとっては、今年最も大切な週ベスト3には入るであろう。
なんていってもミクさんとの2回目のデート(というか、、、ただ飲みにいくだけだけど)。

 

先週は振り返って見ると凄い週だった。なんせ、毎晩ミクさんとLINEのやり取りができた。しかも、彼女から連絡をくれた日もあったし。

 

:僕は朝から出張。お昼に「出張頑張ってね」的な萌えるメッセージをくれた。土日に会えず、色々とグルグルしていたので凄く嬉しかった。思わず「嬉しかった」とほぼ告白と同義である返答をぶちこんだ。夜は軽く出張内容の報告。夜中の1時過ぎくらいまでのやり取り。

 

火:一緒に残業。バイバイをして15分くらい?たってLINEを貰う。たわいもない話の延長。月曜といい、急にLINEをくれるようになったミクさん。2時まえくらいまでやり取り。

 

:僕は夕方から出張でオフィスを出て新幹線で移動。夜9時くらいにホテルついて、仕事したり色々として23時前くらいに僕からLINE。まさか月も火も彼女からLINE貰えると思ってなかったので、僕はもともと水曜の夜にだけしようと思ってた。出張中で、僕は家族といない事が明確なので、彼女もあまり気兼ねなくやり取りできるのかな、と。2時前くらいまでやりとり。

 

木:出張から戻ったらもう夕方だったのでオフィスによらず帰宅。家からメール返信。彼女はまだ働いていた(一応ネットワーク上、同僚が働いてるのかどうかは全て分かる)。彼女がCCに入ったメールにも返信の必要があり、何通か処理。
すると数時間たって23時くらいに彼女からLINEが。どんな食べ物が好きとか、そんな話をしたりした。2時前くらいまで。

 

:一緒に残業。出張が多過ぎてマジで残業してたけど、22時過ぎくらいに疲れてどうでもよくなったので、終了。彼女に出張の土産のお菓子をあげて駄弁って帰宅。帰り際の「来週(飲み)大丈夫?」と聞いてきた時の彼女、なんか凄く可愛かったな。。

 


実は月曜日のお昼のLINEが凄く嬉しかったので、昼間外出してた彼女にちょっとLINEしてみた。そしたら、彼女、ケータイを見てないっていう 笑
ちょっとそんな予感もしてたんだけど、「まー、いーか」ってな事でスルーしていたら帰り道に、「ごめん気がつかなくて」とLINEを貰った。そこからやりとりしたけど2時くらいに僕が落ちてしまい終了。

 

 

彼女は夜型で2時くらいまではいつも起きてる。
そのうち貧血とかで倒れないか心配だけど。

 

なので、大体寝る前まで僕が彼女の時間を独占している感じだ。
そして僕は彼氏面する事はしてないけど、好意は結構丸出しにするようにしてる。

 

 

正直、先週がこんなに熱い週になるとは思わず、、、今度の飲みがちょっと怖かった。というのも、目標としては「手をつなぐ」というところに設定していて、先週がくる前の時点の状態ではミクさんから連絡くれるなんてほぼ無かったから、僕的には手をだした瞬間、振り払われる、、、というか避けられるようなリスクが高いような気がして怖じ気づいていた。

 

 

ただ、事態が急に変わって、こんな事になって、、、これはもういくしかない。正直ずっと、1日おきくらいにLINEして夜寝る前までやり取りするなんて迷惑じゃないかな?って思ってた。彼女からすれば僕が同僚だから気まずくなりたくなくて、やり取りを切れずにいるだけ?とか、思ったりしていた。
だけど、彼女からもくれたという事は、彼女もそれなりに楽しいと思ってやり取りしてくれてるという事。

 

・毎日深夜までLINEのやり取りをしている
・ほぼ毎日一緒に残業してる(ふりをしている)
・彼女からもLINEをくれる
・二人でこっそり飲みにいってる
・彼女もあえて僕の家庭の話には触れない

 

これだけフラグが立っていて。
いかないのは男ではないだろうが。これで飲んで「楽しかったね。また来週」って。これやったら終わるな。完全に。

 

絶対に手はつなぐ。それはコミットする。
できればキスしたい、、、けど。

 

そしてそこに向けて、完璧な準備をしていきたいと思う。

 

 

 

 

 

6/15 ん?

昨日の夕方から出張に出て、一泊して今日帰ってきた。

 

 

昨日の夜はもともと、僕はミクさんに連絡しようと決めていた。
どうせホテルで暇だし、向こうも僕が家にいないなら気兼ねしないかな、とか勝手に思って。

 

で、深夜までやり取りして落ちるように寝て。

 

 

朝からお客さんの訪問をして、昼には終わった。
月曜も出張してたので、その時みたくお昼にLINEきたりしないかなーと思ったけど来ず。

 

ですよね、、、つって。

 

 

お土産買ったりして新幹線にのってこっちに帰ってきたのがもう18:00。
会社に寄ろうか迷ったけど、たまには早く帰って子供の相手でもしようかと帰宅。というか、疲れていたし、ミクさんの顔を見れて嬉しいとしても、仕事がたまっていてはまりそうだったので。しかも明日はミクさん朝から打ち合わせで早いから終電で帰るような事にしたくなくて(僕と残るといつも終電になるので)。

 

なんで家について、家からメールチェックとちょいちょい返信をしたりしてた。
ミクさんもオンラインだったので「まだ働いてるのねー」と思いながらチョロチョロ仕事をしつつ、子供の相手をしつつ。

 

そうこうしてるうちに、夜になり。
LINEがきたと思ったら、幼なじみで。今度のみにいくか、みたいなやり取りをして。

 

そしたら11時くらい?に急にミクさんからLINEが。

 

 

Oh......

 

 

どうした。

 

 

仕事の話ではあるものの、、、、どうした。

 

 

これは大きな一歩だ。

 

 

なんせ。

 

彼女は僕に夜LINEをくれた事は飲んだ後の帰り道とか仕事の帰り道、つまり僕が100%家についていないだろう時間にしか送ってきた事がない。

 

 

しかも、今週は月も火も木も、、、、ミクさんから連絡をくれた。
何か、、、あったのかな。ちょっと心配になる。

 

それかこれが噂の男女の恋の時差ってやつか。

 

よく分からない。

 

ただ嬉しい。

 

明日はとりあえずほめよう。

 

 

6/14 変化

何かミクさんの中で変化があったのだろうか。。。

 

6/12(月)のお昼にLINEをくれる。
6/13(火)の帰り道にもLINEをくれる。

 

今までミクさんの方からLINEをくれる事はほとんどなかった。
こちらから送ればやり取りはしてくれて、結構毎回エンドレスに仕事半分、くだらない話半分という感じだったけれど、何故か急に向こうから連絡をくれて、正直驚いた。

 

単純に、好意から連絡をくれたのならそれは凄く嬉しいけど、なぜに急に??とおも思う。なんか不安にさせた?とか。じゃなければいいけれど。

前にも書いたように、私は既婚なので別段そっけない態度をとるまでもなく、週末がくれば多かれ少なかれ彼女は不安、、、というか、別に付き合ってるわけでもないので、「どうなんだろ、、」くらいは思ってると思う。

 

なので、週末に何かあったのか、、、、。

毎週かかさず連絡してた金曜の夜に連絡しなかったのが、なんかひっかかったか、、。

あるいは、好意が上昇したか(そうあって欲しいものよ)。

 

 

 

彼女の行動も変わりつつあって。

前は、例えオフィスに二人きりでも話かけてくる理由を取り繕って話かけてきたんだけど、最近、お菓子を持ってきてくれて、そのまま会話するみたいな感じ。

昨日の夜もそのまま隣にチョコンと腰かけて、当たり前のように会話が始まったのがなんか嬉しかった。

 

 

いずれにしても、努力の成果かなんなのか、変化があるという事は注視したい。
あと、なんか全然ほめれない。。。チキンさに自分が嫌になる。

 

今週、一回は絶対ほめる。

 

 

 

 

 

6/12 - 6/13 一憂一喜~来週への加速

一喜一憂ならぬ一憂一喜。

 

順番が違うだけだけど。

 

6/12、私は朝から出張だったので、オフィスには寄らず。

なので、彼女には会えないのは事前に分かっていた。

 

だから、金曜の夜に連絡しなかった事をすごく公開した。

いつもは、金曜の夜中までやり取りをして、土日を迎えて、月曜にまた会える、、、という流れだったけど、今回は金曜も連絡しなかったので、金土日月の4日間も会えないし連絡もできない、、、、って事で少しへこんでた。

 

あとはここ最近、いつもLINEのやり取りは僕から連絡しないといけない、という事が気になっていた。ウザいかな、、、とおも思いつつ、でも返信をずっとくれるし、、、とか、いろいろ考えながら連絡をとっていた。

 

 

だけど、月曜は彼女がお昼に連絡をくれた。
出張をねぎらってメッセージをくれたんだけど、凄く嬉しかった。これで合計3回目かな、彼女から連絡をもらえたのは。

 

なので、一応、勇気を出して「嬉しかった」と伝えた。僕は個人的には「楽しかった」より「嬉しかった」の方が気持ちが強いように思う。だからあえてその言葉を使いたかった。

 

周りに隠しながら連絡を取るというのもなんか非日常的でわくわくするよね。

 

あとは、月曜の昼に連絡くれるって事は、もしかして週末も僕の事ちょっとは考えてくれてたのかな、、、とか思って勝手に嬉しくなってた。

週末は会えないし、連絡もできないのですごく寂しい。もし彼女も同じ気持ちだったらすごく嬉しい。

 

 

6/13

この日は特段変わった事もなく、朝から会社に。

今日の目標は彼女の服をほめる、です。

 

めっちゃ可愛いね。今日。

 

 

これは来週の飲みへの布石。
僕の中では来週の飲みで大きく方向が決まると思ってる。

 

だから、

 

・ほめて、ほめて彼女の気持ちを上げて

・可能な限りボディタッチを深めていく

 

これで間合いを詰めに詰めていく。

ほぼ押しの一手なんだけど、それには理由があって。ふつうは、「押して押して、引く」を駆け引きのセオリーとして説いている情報が多い。ただ、私の場合は既婚なので、週末になるとどうしてもミクさんは「奥さんといるのかな」とかそういう「不安」になる瞬間があるだろうから、こっちが黙っていても「引き」の部分は出てくるのかな、と思ってる。

 

 

とにかく、今日はほめる。それに尽きる。

 

 

 

 

 

 

非日常大作戦

最近思うんだけど、人が人を好きになる時、「この人とだったら、、、」と何か眩しい未来を妄想できるかどうかって大事な気がする。

 

現状とか、そこまでの障害とかはとりあえず無視して、その人のパーソナリティとかだけから、何か素敵な未来を想像してしまう。。。

 

これがイメージできない人は、僕は好きにならないです。一発やるくらいならいいけど。

 

 

そういうのって、何か一緒にいてワクワクする人というか、もちろんドキドキしたり、安心できたりっていうのもあるけど、何かこの人といると自分の世界が広がる、とかいままで思った事がないような未来に変わってくんじゃないか?とか、そういう気持ちが大事なのかな、と。

 

 

で、そういうのをイメージさせるのって「非日常」な空間だったりシチュエーションだと思う。

 

デートスポットで非日常的な空間のお店が好まれるのは、そういうのが背景にあると思います。だから、変に庶民的な部分を出そうとして早い段階から赤提灯的なとこにいくのは自分を「お友達」に押し戻してしまう愚作に思う。

 

ただ、わざわざ洒落たレストランとか行かなくても、非日常ってちょっとした事で作れるんじゃないかなーって思うんです。特に職場の人となら。

 

例えば僕がやってるのは、僕との打ち合わせはほとんど雑談、という事。
やるべき事はきちんとやるけど、あとはダラダラ。これは、仕事をキチキチとやってる彼女からすると結構、「ダメ」な事で。彼女はかなり周りの目を気にして仕事をしてるから、常に張りつめてる感じ。「キチンとしているミクさん」というキャラを確立してるし、それを崩さないように必死。

でも、彼女、根はそんなに真面目でもないし、ちょっとずるいとこもある。だから、それをちょっとだけ仕事に出せる時間があると楽しかったりするんだろうな、と。

 

 

後は一緒にちょっとサボる、ってのが次の目標。
15分くらい?とか。ちょっとコンビニいくとか。

 

 

小さい事だけど、効果はある気がする。

 

 

 

6/11 依存度をあげる事と週末の門戸を開く事

今日は日曜日。

 

いつもなら「明日会社に行けばミクさんに会える!」と呑気にシャツにアイロンをかけていたりするのに、金曜に連絡できなかった事(会社では会ったけど)や明日が出張で会社に行かない事で、結構憂鬱。

 

会えないから憂鬱というより、最近、週末に彼女の事を考える度合いがだんだんと増えてきて、なんか辛い。変に一人になって色々と考えたりするから余計にドツボにはまる。

 

これは既婚・未婚問わず、人を好きになれば誰しも多かれ少なかれあるのでは?と思いますが、切ない想いを募らせるという美談な側面以外にあまり良くない部分もあると思う。

 

それは、悶々とする中で精神的にすり減って、「なんで俺(私)ばかり、、」とか「俺(私)はこんなに好きなのに、、、」とか一方的な発想になり、立場的に不利になっていき、やがては主導権は完全に奪われて、告白するにも「すがる」ような体制になってしまう。告白が女性から男性にする場合はまだしも、逆となるとかなり女々しく写るので良い事がない。

 

片思い中はあまり前のめりにならない事。
相手のいないところで妄想を膨らませて、切なさを積み上げても恋愛の進展は1mmもなく、むしろ悪影響しかない事(アナタがいくら切なさで泣いてたって相手はそんな事しらずにビール飲んでたり、ヨガ教室いってたりするんだから 笑)。

 

これを覚えておくべきだな、と思う。
特に、私は結構寂しがりやなのか、こういうところが自分でも分かっているので意識的に制御しないと苦しくなる。

 

 

思い詰めた告白、というのは往々にして成功しないからね。

 

 

とまあ、自分の彼女への依存というか、そんな事を思ってたのですが、ふと、逆はどうだろう?と思ったわけ。

 

僕は日曜の夕方って凄く嫌い。
それは翌日仕事だから、とかじゃなくて、とにかく寂しい気持ちになるから。

 

これは、結婚しても変わらないし、会社に好きな人ができて月曜日が苦じゃなくなっても一緒。

 

一応、家に嫁と子供はいるのですよ。まあ、嫁とはあまり話さないけど。子供とは遊ぶし。それでも、やっぱりなんか寂しくなる。

 

ミクさんってどうなのかな?
昔、まだ結婚する前に僕は日曜の夕方がホントに嫌で辛くて寂しくて、、、っていう時期があって。嫁(当時は彼女)と夕方に別れて、家に帰る時(当時は離れていたので電車で1時間くらい)は嫌だったなー。無駄に本屋いったり、外食したりして時間をやり過ごしてた。

 

思うに、ミクさんだって一人暮らしな訳だからそういう寂しさってあるんじゃないかな?って思う。

 

 

だから今の僕の目標は次のデートが上手くいったら、日曜の夕方を狙うという事。

 

これは、一人暮らしの独身女性を狙っている人は絶対効果あると思う。
僕が嫁となんか言いくるめられて結婚した(笑)理由に、嫁がいなくなったらチョー寂しい、っていう恐怖みたいなのあったのよ。マジで。愛してるからとかじゃなくて、当時の自分には彼女しかいなかったし、こいつがいなくなったらボッチじゃん、って。。。

 

だから離れるに離れられなかった。

 

で、その孤独感がMAXを迎える日曜の夕方。
ここで、孤独を回避できる状況をしると絶対に依存度があがる。

 

考えても見て欲しい。

 

・独身女性(しかもいい歳)は、親だの友達だのから「いい加減結婚しなよ」「いいよ結婚は」とか言われまくってる。それこそ嫌ってくらい。

・そんなの自分が一番よく分かってるけど、現実、その見込みはない
・口で何と言おうと、そして周りがなんと言おうと、確実に年齢に伴って周囲の評価は下がっているし、腫れ物を扱うみたくなってきてるのは凄く実感しているし、傷つく

・そんな状況で週末何も予定が無いのは辛いので、何か予定を入れる
・けれど周りも結婚していて日曜はなかなか埋まらないし、日曜に飲みに行くってのは中々ない

・なので、近所に買物にいくんだけど、日曜は子連ればっかり

・外食するにしてもどこも空いていて何か寂しい
・翌日仕事という事も拍車をかけて寂しさは加速する

 

みたいな事が毎週、起きているわけですよ。
まあ、実家に帰ったりする事でそれを回避する週もあるかもだけど、解決にはなってない。

 

 

まあ、平日も基本的には無駄に会社に残って僕とおしゃべりする事を選ぶくらいだからミクさんは基本的には寂しがりやという事は僕の中では確定済み。

 

 

で、もし仮に日曜に飲めたとすると。。。

 

まず週末の寂しさはなくなる。
で、一緒にいる僕も翌日は仕事な訳で、その憂鬱さも半減される。あと、日曜の夜の帰り際に「また明日ね」って言えるって中々ないんだよ。
例えば同じ独女の友達と飲んでたって大体は会社違うワケで、「来週もお互い頑張ろうね」くらいなもんで、自分には自分の戦いがあって、「あの子も頑張ってるから」くらいなもんでしょ?それに対して「また明日ね」は全てを共有してる訳だから、まったく刺さりが違う。

 

 

まあ、会社の人に週末に会うって事がそもそも抵抗なければ、だけど。
後は、週末となるといよいよ「え、奥さんとか大丈夫なの?」という確信を避けては通れないような気もするので、どうしたもんか、、、。

 

まあ、この日曜大作戦と別に常日頃から彼女の依存度をあげる積み重ねをしないといけない。それは単に自己承認欲求を続けてあげる事。僕といれば楽しいよ、というのはまず「否定されない」「楽しい気持ちにさせてくれる」とかそういう事な訳で、いつか書いたように、彼女に「可愛いですね」という男なんて僕しかいないんだから。会社では、だけど。

 

それが実は最近できてなかったので、今週は

 

・バッグをほめる!

・服をほめる!

・髪型をほめる!

 

 

と褒めまくろうと思う。
そしてLINEも定期的にこなしていく。

 

 

色々と書きましたが、僕のやろうとしてるのは大きくまとめると、

 

・日々の接触の中で彼女の承認欲求を満たしていく事(ほめる)
・思わせぶりな言葉や態度(定期的なLINEなど)で彼女の毎日を楽しくさせる事

 

を繰り返す事で、「この人(=僕)がいなくなってしまったら、、、」という孤独への逆戻りの恐怖を増幅させる事で彼女の依存度をあげていく事が1つ。

 

後は日曜の夜という絶対的な孤独時間を埋めてあげる事で、一緒にいる事で得られる擬似交際の体験を与えて、翌週の日曜からの恐怖を煽る。

 

 

という事になるのかな。

 

エグいな。おい。